By | 2018年1月11日

現金化のメリットを考える
現金化業者を利用したショッピング枠の現金化の方法は商品買取、キャッシュバックの2つが主流になっています。

クレジットカードには別途キャッシング枠もありますが、ショッピング枠内で利用できるものであまり多額な借り入れには向かないこと、そもそも0円設定にしているかたが少なくなく、枠を増やすために申請をしても通るまでにある程度時間がかかってしまうことから、急にまとまった現金が必要になった時には使い勝手があまりよくありません。そのため、手軽に現金を手にする方法としてショッピング枠の現金化が利用されます。

現金化業者が行っている現金化の方法のうち、商品買取を利用したものは申し込み後、指定した商品をクレジットカードを利用して購入し、送られてきたものを再度業者宛に送付することで買い取ってもらう手続きを行います。その代金を振り込んでもらうことで現金を手にするという手段です。

買取という形を取っていることから手続きには時間がかかり、基本的に送り返した商品が業者に届いてからの振り込みになりますので、即日対応が難しいというのがデメリットになります。

そうした理由もあり、現金化業者の多くはキャッシュバック形式を採用しています。キャッシュバックとは商品の購入特典として現金をもらうことができるという、家電量販店などでも販促目的でよく目にするサービスです。

現金化業者では、キャッシュバックを行っている指定商品を購入することで現金を入金してもらえます。何よりも即日対応ができることがメリットで、商品を購入した段階ですぐに現金を手にできる手段です。

後日届く商品の価値は値段相応のものとはいえないものですが、そのまま自分のものにできます。

現金化の還元率は平均すると80%程度だと言われていますが、業者ごとに違いがあり、女性が利用すると還元率を優遇してもらえるところもあるなど、口コミなどを調べて使い勝手のいい優良業者を探すことがポイントです。

大抵の業者は24時間365日申し込みを行えますし、ネットバンクを振込先に指定していれば、手続き後に即日現金を手にできます。

さらに、ショッピング枠の現金化で危惧されるクレジットカードの利用停止のリスクに関しても、現金化業者を利用すれば決済代行業者を通して手続きが行われることから、発覚することはまずないといえる点でも安心でしょう。

さまざまな現金化業者を比較検討し、利用しやすく還元率の高い業者を見つけて選ぶことが大切です。

リスクを最小限に留めつつ、安定した還元率でお金を手にできるのが業者を利用したショッピング枠の現金化のメリットになります。